目標を実現するための魔法の言葉

コミュニケーションと心

何か問題や課題があるとき、何かやりたいことがあるとき、何かを変えたいとき、あなたはどのように思考し行動しますか?なかなかうまく解決しない、実現できない、うまくいかない、などの経験をされているのであれば、考え方を変えるだけでこれまでと違った結果になるかもしれません。

未来思考で考える

いきなり意識が高そうな言葉がでてきましたね。しかしとてもシンプルな考え方で重要です。

未来思考とは、実現したい未来(目標やゴール地点)から逆算をして、今何をすべきかを考えることです。

もっと簡単に説明していきますね。

「出来る・出来ない」は一旦忘れる

解決したい課題や問題があったり、実現したいことがあるとき、こう考えてしまっていませんか?

  • 〇〇だからできない
  • やりたいけど自分にはその能力はない
  • 今の状況では無理だ
  • しょうがない

このような思考をするとどうなるか。

手の届く範囲にゴールや目標地点が設定されます。

要は、本当に実現したいことを諦める、目指すことを諦める、ということです。手に届く範囲の目標地点とは、すでに実現出来ていることをしているだけ、というケースが多いのです。大小あると思いますが、特に実現したいこととは、本来手に届かない場所にあるゴール地点のことを指しているはずです。

そこで「出来る・出来ない」は一旦忘れるです。

出来るか出来ないかは考えずに、まずは自分の目標やゴール地点を明確にします。問題を解決してどういう状態にしたいのか、自分はどういうことを実現したいのか、とことん理想を突き詰めます。ここで妥協や諦めはいりません。

どうですか?理想の状態をとことん想像できましたか?ここでどんどん具体的に想像できればその理想は実現できる可能性が高いかもしれません。逆に理想について考えるのがしんどいとき、もしかしたらあなたが本当に求めているものは違ったカタチなのかもしれません。

「どうすれば実現できるか?」という魔法の言葉

「出来る・出来ない」を一旦忘れて理想を明確にしたところで、やっぱり到底実現できそうにないや。と思いましたか?そうです、今のあなたには到底実現できません。

ここで重要なのは、「今の」自分には実現できない。ということです。

今のあなたが実現できるのなら、実現しています。今は手が届かないものだから目標であり、目指したいゴール地点なのです。そんなあなたに魔法の言葉を伝授します。

どうすれば実現できるか?

今立っている場所からの視点で考えてしまうと、選択肢はどうしても目の前の「できるか、できないか」となってしまい、ゴール地点は見えません。「できるか、できないか」で考えると、もちろんできません。

しかし目標や理想の状態を明確にしたあなたは、ゴール地点からの視点を持っています。これはとても重要なことです。ゴール地点からの視点で考えると、実現には何が必要か、どういう行動が必要かが見えてきます。

これまでなかなかうまくいかなかったことや、進まなかったものがあれば、ぜひ魔法の言葉「どうしすれば実現できるか?」を唱えてみてください。
その前に理想の状態をできるだけ具体的に想像することをお忘れなく。

さいごに

魔法の言葉はすぐに効果を発揮することもあれば、使ってもなかなか答えがでないときもあります。特に大きな問題や壮大な理想の場合は、いきなり最終ゴール地点に対して、どうすれば実現できるか?という問いの答えが見つからないかもしれません。しかしそれでも確かにゴール地点への道のりはあります。そんな時の方法もまた記事にしたいと思います。

まずは日常生活の些細なことにも、「どうしたら実現できるだろう?」「どうすれば良いだろう?」と思考する癖をつけてみてください。あなたのマインドが未来思考になれば、あらゆることが実現可能になるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました